TOP

 昭和のカメラの楽しみ方


せっかくカメラ修理をしても、間違った使い方をすると台無しです

35mmフィルム一眼レフの扱い方(キャノンAE1の例)


機種によって、操作方法が異なりますので、ご注意ください。


カメラに詳しい人に「教えて」「これ、何?」と言えば、親切に教えてくれるはずです。

たいていのフィルムカメラが好きな人は教えたくて、ウズウズしているはずですから。

「古い」昭和のカメラが「新しい」コミュニケーションを生むかも知れませんね。


フィルムの入れ方


フィルムを用意します 裏ブタを開けます フィルムを入れます スタート位置まで進めます

どんなふうに撮ろうかとワクワクしながらフィルムを入れるのは楽しいものです。

この機種の場合は巻き戻しノブを引き上げると、開きます。

スプールにフィルムの先端を差し込みます。ピンと張るようにしてください。

裏ブタを閉めます。(パチンという音を確認してください)
シャッターを切って、フィルムカウンターの表示が「1」となるところまで進めてください。(この機種の場合は「0」です)


撮影の準備






ISO感度を設定します フィルムノブを回し、確認 さあ、撮影です

これは露出計内蔵式カメラ
の場合です。


フィルムにISO100とか400
という表示があるはずで
す。

でも、昭和のカメラだとASA
となっていますが、同じなの
でご安心ください。

ASAダイヤルをお買い求め
になったフィルムの感度に
合わせてください。

フィルムの巻き戻しノブを時
計回りの方向に何度か回し
て、止まることを確認してく
ださい。

フィルムがきちんと進むこと
を確認することができます。

もちろん、フィルムを入れな
いでシャッターを切るという
失敗も防ぐことができます。

ファインダーを覗き、ピント
を合わせ、「これだ!」と思
ったら、シャッター速度と絞
りを決めて、シャッターを切
ってください。

もちろん、フィルムを巻き上
げていないとダメですよ。



フィルムの取り出し方



巻き戻しボタンを押します フィルムを巻き戻します フィルムを取り出します フィルムをカメラ屋さんに

撮り終わったからと言って、裏ブタを開けてはいけません!
フィルムを巻き戻す必要があるので、巻き戻しボタンを押します。(この機種の場合はカメラの底にあります)

巻き戻しノブを時計回りの方向に回してフィルムを抵抗がなくなる(軽くなる)まで、巻き戻します。


上の写真ではフィルムの先端が少し出ていますが、巻き込んでもOKです。

撮影済みフィルムをカメラ屋さんに持って行って、現像とプリントを依頼します。でき上がりまでのワクワク、ドキドキの時間がいちばんタノシイかも知れません。