■基本的な使い方
  ■お手入れ、保管方法



当工房でカメラ修理をした魅力的な昭和のカメラ

キヤノンダイヤル35


このカメラ『キャノン ダイヤル35』は昭和38年(1963年)に発売されました。
もう、50年も経ったデザインですが、古臭い感じがしません。
カメラ修理をする者としても、心を動かされる魅力があります。

昭和38年と言うと、前回の東京オリンピックの前年、明るい未来を夢見て、活気のある時代です。
そんな中、従来のカメラとは一線を画したデザインでした。

頼まれなくても、カメラ修理をしたくなるデザインです。

今や「ダイヤル」と言ってもピンとこない人が多いのでしょうが、
このカメラの露出計受光部兼フィルム感度設定のデザインは電話機のダイヤルをモチーフにしています。
当時は、まだまだ各家庭に電話機(もちろん、固定電話)があるような時代ではありませんでした。
だからこそ「電話」が新しい時代、未来をイメージする存在だったのでしょう。
今では、携帯電話さえ「ガラケー」と呼ばれ、スマホが主流となりました。
もちろん、ダイヤルもプッシュボタンを経て、タッチパネルになりました。
まあ、50年も経っているのですから・・・。
それにしても、最近の高級デジカメってレトロに走っていますが、50年後に見たら、どんな風に見えるのでしょうか?