修理したカメラで撮影してみました

オリンパス ペンD


■「D」と言っても、「デジタル」ではなく、おそらく「Deluxe」(デラックス)の意ではないかと思います。
この当時は自動車や家電などでも最高級グレードを「デラックス」と呼んでいました。
このカメラもハーフサイズながら、最高級、つまりデラックスを狙ったようで、
F1.9の大口径ズイコーレンズ、1/500秒高速シャッター、LV値直読式内蔵露出計などを
詰め込み「プロ仕様のペン」と言われたそうです。 

写真をクリックすると、大きなサイズでご覧いただけます。